読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大志は抱かない方が良い

今から約10年前の国分寺の居酒屋で、都内の各大学へ通う大学生達が集まって飲み会を開催していた。必ず、何かをテーマに議論することが多々あったが、いざ、就職活動をするにあたって実際に用意しなければならない面接の対応策について不満を吐いていた。

「何だよ、学生時代に頑張ったことは何ですかって。大学の単位取得とアルバイトぐらいじゃね」

「困難な壁にぶつかったら、どうしますかって、そもそも困難な壁って何だよ」

「自己PRしてくださいって、いるかそんなの?」

 

この時は、まだわからなかったけど、会社に就職してわかった。

Q1.『学生時代に頑張ったこと』

A1.学生時代の所得(収入源)は何か。またどのくらいの額か。何に消費した(する)のか。

Q2.『困難な壁にぶつかったら、どうするか』

A2.会社(仕事)を辞めたいと思った時、どうするか。誰かに相談しても無駄なので、転職(他の会社や仕事を探す)もしくは帰宅(会社を辞めて地元に帰る)。

Q3.『自己PR』

A3.自由(勤務時間に暇)にさせると、どのくらい面倒くさい(何をしでかす)人間なのか。

 

おっさんの千里眼。