読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋愛

今から約10年前の国分寺の居酒屋で、都内の各大学へ通う大学生達が集まって飲み会を開催していた。必ず、何かをテーマに議論することが多々あったが、大学の講義内容を共有することもあった。『恋愛とは何か』についての答えは、「○○くんが□□さんのことが好きなんだってー」と言いふらして○○くんと□□さんが気まずい雰囲気に包まれた時に何を思うかだったり、図書館で本を取ろうとした時にたまたま異性と手がぶつかりお互いを意識することだったり、パンを咥えてダッシュしていた時にぶつかった異性に一目惚れ、なんてことでは一切なく、『恋愛とは異性と食事を共にすること』だそうです。ジェンダー論曰く。

シンプルだった。相手の目を見て食事ができるか、話せるか、不快ではないか、味覚において好みが合うか、特に問題なければこの人と家庭でも食事ができるから次に発展させられる、というのが『恋愛』だそうです。

焼き肉を食いたい。「生ビール、ハラミ、ホルモン」そんな大胆に注文する娘と食事(恋愛?)したいと思った。おっさんだな。